調理訓練を行いました

利用者さまにスクランブルエッグを作ってもらいました。遊ではレクリエーションでおやつなど簡単なものを作っていましたが、4月からは従来のおやつレクリエーションとは別にリハビリテーションの視点から調理を実施していくことを始めました。調理の動作を通して、立位姿勢、耐久性、手先の巧緻性、手順などを判断する思考能力とたかがスクランブルエッグですが、チェックすることは多くあります。今後も不定期ではありますが、リハビリテーション職による調理訓練を実施していきます。利用者さんは久しぶりの調理だったそうですが、焦がさずに作ることができました (‘ω’)ノ